こんにちは、mayuです。


標題の件、
攻撃の制限時間が3分になってから、時間が足りないとかで避けている方も多いのでは?

最近はリプ見ててもナックルことクイヒーゴウィーバばっかり……
バルキリー使いこなせないわたしとしてはつまらんのです。(ノシ 'ω')ノシ バンバン
(編成見た瞬間閉じてます。)


クイヒーラバル、まだまだ全壊率、適応力ともにトップクラスの戦術だとわたしは思ってます。( 'ω' 三 'ω' )


なので、クイヒーラバルについて、自論を書いてみます。参考になれば幸いですm(*_ _)m
(そんなん当たり前やwとか言わないで!)



〜クイヒーラバルの流れ〜
※初見での攻撃を想定

1、基本編成
ヒーラー4
バルーン16
ラバ3(援軍含む)
ウィズ1(防衛援軍のゴレ、ラバ処理用)
だけです。あとは配置に合わせて調整します。



2、考え方

まずは相手クイーン、クランの城、対空砲、ASの位置関係を見ます。

空部隊の脅威となるものです。

この中で空をはじめるまえにクイヒーで最低限処理しておきたいものは以下、

クイーン、援軍、対空砲1、AS(空部隊の障害となる場合のみ)


上のものを処理できるようにクイヒーのルートを決めます。

空をできるだけ早くはじめたいので(残り時間1:30が目安)、クイヒーで処理するのは最低限でよし。

"空を始める前にクイヒーで対空砲1本さえ壊せばいいんです"
(もちろん対空砲2本折れればなおよし)


理由として、
クイヒーが空開始後、あとの対空砲一本を空部隊が来る前に狙える場合
が結構あるからです。

つまり、おおまかな流れとしては、

クイヒーで諸々を処理
空部隊スタート
お掃除ユニットスタート
(クイヒーがあとの対空砲一本を破壊)
防衛施設全て破壊
お掃除
終了

となります。

空の回しについては次の記事からどうぞ(∩`ω´)⊃))


締めくくりとして、とにかくクイヒーを最後まで生き残らせる!!
これを一番大切にしてください。
特にレイジ関連の事故は本気で萎えます。(経験談)

今回はこのへんで( 'ω' 三 'ω' )
ありがとうございました。